さまよえる蒼い変人

我が成長曲線を綴り、「怒り・疑問・不満」を昇華していく

『87』孤独を前向きに捉えよう 著 孤独が男を変える

f:id:forza-milito178:20190519175323j:image

「📕孤独が男を変える」

・孤独とは生産性の高い行動なのである

→孤独とは一人で努力して何かをつくることであり、ニートのことではない

 


・男が変わる方法は、贅肉を削ぎ落とすことだ。ダイエットと同じである。自ら孤独を目指すのが良い。

 


・成功者がお金にモノを言わせて、馬鹿騒ぎしていることがあるが、彼らはもう成功したから苦労した時代のストレスを発散しているのだろう

 


・成功する男は必ず「孤独」を経験している

 


・男なら絶対に「自分への怒り」を持たなければならない

 


・「怒りが俺を強くする」ケンシロウ

 


・自分の夢のために勉強や仕事に励んでいて、遊び呆けてはおらず、理解してくれる友人も少ない。自分に怒っているが、弱いものには優しい

 


付和雷同

一定の主義・主張がなく、安易に他の説に賛成すること。「多数派に付和雷同する」

[補説]「不和雷同」と書くのは誤り。

 


○哀願

事情を述べて相手の同情心に訴え、ひたすら頼むこと。「助命を哀願する」

 


・誰にでも悪い面はあるが、それを人に見せるか見せないか。そこの違い

 


・子供が自信をなくしていったらそれをフォローするのが親の務め

 


・女など「穴」くらいのある意味悪い冷淡さを持っていないと女性を"偶像崇拝"してしまうことになる

 


・幼い子供は、自分が優秀かどうか、何ができるか、自分では分からず不安な毎日を送っている。だから長所を親が見つけて褒めてあげないといけない

 


・何の理由もなく、根拠もなく、自信満々に生きている人間などいない

 


・著者は"同じ失敗"を繰り返す者をバカと定義している

 


・女は快楽主義である

→向上心などなく享楽的に生きていることを認識しよう

 


・貴方が女性を品定めして"選択"する立場なのだ

 


○聖人君子(せいじんくんし)

知識や徳の優れた、高潔で理想的な人物。「聖人君子のような振る舞い」

 


・自分を優位に置きたくて他人を叩く人がいる

 


・女性がトイレから戻ってきた時に「長かったね、大?」「盗撮されなかった?」など論外な失言だ。気づけ

 


○清廉潔白(せいれんけっぱく)

心が清くて私欲がなく、後ろ暗いところのないこと。また、そのさま。「清廉潔白な(の)政治家」

 


・趣味に没頭すると女が離れる

 


・孤独と戦っている男には、孤高のオーラがあり、しかしどこか疲れている

→女性はそこに惚れ、母性も働く

 


・女神のような女を大事にして、孤独と仕事と闘い続けるんだ

『86』瑣末な意識が差を生む! 著 超一流の雑談力

f:id:forza-milito178:20190512105220j:image「📕著超一流の雑談力」

・煙たがられる営業マンの特徴

①声が小さい、声が低い

②話が面白くない

③自分が話すことばかり考えてる

④リアクションがない、もしくはワンパターン

⑤質問をしない、質問が的外れ

 


・会話の最初に自己開示を先に行うことで好印象を持ってもらえる可能性は高くなる

→具体的なやり方としては

①自慢話はしない

②軽い失敗談を話す(自分の人間性の欠落、相手が引いてしまうような話はNG)

 


・雑談する為に日常の自分の琴線に触れるような瞬間などに出会った時にはエモメモしておき、会話の引き出しを増やしておく

 


・相手の趣味や休日の過ごし方の"意図"を見出す

 


・人見知りとそうではない人の差は

①場数

②経験

 


・「三流は雑談で人を不快にする」

「二流は何も生み出さない雑談をする」

「一流は雑談で信頼を築く」

 


・雑談で大切なのは"相手をのせること"

 


・どんな話題でも"ひっかかり"を見つけて共通点を表出していく

 


・相手が興味のある話というのは"相手にとって実益がある話"である

 


・「三流は人の話を全く聞かない」

「二流は人の話を聞いているふりをする」

「一流は相手の気持ちのいい聞き方をする」

 


・相手の話をオウム返しで聞き返す

 


・人は髪型を変えたり、こたわりのアイテムを身につけていたりすると、そのことに気づいてほしいという欲求を抱く生き物です

→承認欲求

→相手の密かな自慢や他とは違うことに気づき、それを言葉にする

 


・振り返りができる人は強い

 


・人の話を聞いている時は相手の目を頷きながら聞かないといけない

 


・「この人物が本当に信用に値するのかどうか」の判断基準

①コミュニケーションの取り方

②教養のレベル

③ビジネスマンとしてのマナー

④身だしなみ

 


・人は自分に興味のある人のことを嫌いになれない

 


・500円程の手土産を渡すのは有効

 


・電話をするときは

「まるで十数年来の友人」

「地元の友人にかけるとき」

のようなトーンでかけられるとうまく働く

 


・大事な話をする時は、少し溜める

 

・「できていないことがわからない」人間は三流で終わり、「できない」ことを知り、あきらめる人間は二流で終わるが、できるまで、とことんやりきれる人間が超一流になれる

 


・"お会計時"のときに店員さんと一言話す

 


・著者は昨今の社会があまりにも「人間関係を深める」「人と信頼関係を築く」ということに無頓着で、迂闊な人が多いと懸念している

『85』死ぬまでにやりたいリスト!!公開

[🎯死ぬまでにやりたい事リスト]

1.アメリカに行く

2.弟と2人で国内旅行

3.投資で収益を上げる

4.6パックに割る

5.アジカンのコンサートに行く

6.年収が一千万円を超える

7.結婚して2人の至宝にめぐまれる

8.転職をする

9.WONKのコンサートに行く

10.イタリアに行き、インテルの試合を観戦

11.USJに行く

12.本場のディズニーに行く

13.ツイッターのフォロワー1000人

14.ブログで収益を上げる

15.ブログ読者100人

16.バンジージャンプする

17.富士山登頂

18.家族を海外旅行へ連れて行く

19.貯金1000万

20.浮気する

21.フルマラソンサブスリー

22.自動運転車を購入する

23.日本全国制覇

24.吉祥寺に住む

25.海外に住む

26.ギターを弾けるようになる

27.みなとみらいに住む

28.自分のメンターに実際に会う

29.30階以上の高層マンションに住むor泊まる

30.外車を購入する

31.絵を家に飾りまくる

32.一軒家に住む

33.自宅に露天風呂を作る

34.外人と付き合う

35.社長になる

36.役員になる

37.不労所得を得る

38.ホノルルマラソンに参加

39.イギリス旅行

40.南米旅行

41.中国旅行

42.アジカンコンサートに行く

43.テイラーコンサートに行く

44.ナルバリッチコンサートに行く

45.経験人数10人

46.彼女と5年以上付き合う

47.芸能人の友達できる

48.社長or実業家とご飯に行く

49.30人以上の前でプレゼンorスピーチ

50.アウルシティーコンサートに行く

51.宇宙に行く

52.ノマドワーカーになる

53.ヘッドハンティングされる

54.お○禁半年

55.5人に告白される

56.unusedの商品購入

57.5人に告白する

58.ヤエカ購入

59.オーラリー商品購入

60.外資系企業に勤める

61.投資で収益を上げる

62.読書数が1000冊到達

63.ギターでB'zの曲弾けるようになる

64.自分の本を出す

65.スキューバダイビングする

66.孫を抱っこする

67.叙々苑行く

68.マレーシア旅行

69.シンガポール旅行

70.フランス旅行

71.スペイン旅行

72.オーロラを見る

73.NPOに参加する

74.家族に海外旅行に連れて行く

75.起業する

76.自宅の書斎の本数1000冊到達

77.アフリカのサバンナに行く

78.沖縄に旅行する

79.北海道に旅行する

80.兄弟三人で旅行する

81.emmaに会って写真撮る

82.前田祐二に会う

83.与沢翼に会う

84.稲葉さんと写真撮る

85.前澤友作に会う

86.五大陸制覇する

87.屋上のある家に住む

88.日本全国制覇する

89.カフェを開く

90.スナップ写真撮られる

91.100人規模でスピーチする

92.ファウルボールをキャッチする

93.ワールドカップを生観戦する

94.カラオケで95点以上を取る

95.料理が得意になる

96.芸能人と友人になる

97.オリンピックを生観戦する

98.マグロを釣る

99.UFOを見る

100.スケボーをやる

101.自宅でバーベキューパーティーを開く

102.コンサートで最前列で見る

103.映画館と同じサイズのスクリーンを購入

104.ヨウジヤマモトのアイテム購入

105.48時間起きている

106.一日15時間以上勉強する

『84』月並みな事しか書かれていない、著 入社1年目のお金の教科書

f:id:forza-milito178:20190430071112j:image[📕著 入社1年目のお金の教科書]

・お金は使うためにあるもので、「どう使うか」のほうが重要です。お金の使い方次第で、人生の質や充実度が変わってくるといっても過言ではありません

 


・ビジネスで成功した人や多額の資産を築いた人は若いうちに自己投資をしている

→書籍、人脈拡大(学びや新しい価値観を得る)

 


・「今後、仕事でお世話になることがありそうだから、繋がっておこう」

→良好な関係性

 


○趨勢

ある方向へと動く勢い。社会などの、全体の流れ。「時代の趨勢」「世の趨勢を見極める」

 


・分割払いを選ぶと、金利手数料がかかる(2回払いまでは金利手数料はかからないのが一般的)

→分割払いで金利手数料が発生するような買い物は部不相応である

 


・インデックス型ファンドは、指数に連動するように作られているので、ファンドマネージャーの力量に関係なく、指数通り安定したパフォーマンスを得られる。又、インデックス型ファンドは手数料も安い

 


・健康保険では、「疾病手当金」か支給され、病気や怪我などの理由で働けない日が4日以上になった時、標準報酬額日額の3分の2が支給される(支給開始から1年6ヶ月まで)

『83』入社後直ぐにでも読むべき!著 社会人1年目の君に50の鉄則

f:id:forza-milito178:20190423071844j:image[📕著社会人一年目の君に]

・良い習慣とは

①常に目標を設定すること

②重要度を決める

③成功失敗を振り返る

④人に教えを請う

 


○歯に衣(きぬ)着せぬ

思ったとおりをずけずけと言う。「―ぬ批評」

 


・"仕事とは相手を尊重することだ"

→全ては相手を大切にする気持ちから

 


・時間を守らない事は、人として一番大切な礼節を欠いていることに他ならない

→時間を守らない社会人はいつまでたっても二流だ

 


慇懃無礼(いんぎんぶれい)

表面は丁寧で礼儀正しいように見えるが、実は尊大で無礼なこと。また、そのさま。慇懃尾籠(いんぎんびろう)。「慇懃無礼な態度」

 


☆就業時間の一時間前には会社に行くぞ

→8時には到着し、仕事の準備、目標設定する

 


・「いかに短く」「いかに要点をとらえていて」「いかに人に無駄な時間を使わせないか」

→徹底的にシンプルに

 


・"仕事カレンダー"なるものを作成しておく

 


・何のために働くのか?

→自己成長の為(マズローの成長欲求)

 


・机の散らかり、データの断捨離が脳内をクリアにする

 


・"優先順位付け"の是非

 


・「偉大なアイデアを盗む事は恥ではない」

byジョブス

 


・どんどん先輩の真似をしていけ!

→質問・参考にされて嫌な顔をする人は少ない

 


・「英語」はあくまでも"手段"であることを忘れるな

 


・多くの異なる業界の人と会って、広い視野を持とう

 


・上司が自分に何をしてほしいかを考えながら動く

 


・「沈黙は金」はビジネスに不要な考え

 


・上司の視点を想像しながら業務を行う

 


・どの部署でも得られるものは必ずある

→仕事の本質はどこでも同じ

 


・"上司というものは基本的に部下からお伺い立てられるのが好き"

→報告・相談・連絡することで彼らの自尊心は充足され、且つ自身の評価も上がる!

 


○言質を取る(げんちをとる)

交渉事などで、後で証拠となるような言葉を相手から引き出す。

 


・話を聞いてくれる上司を"特別扱い"する

→根回しせよ!

 


・Q.上司は部下に何を期待しているのか?

A.1日でも早く一人前になること

→大切な姿勢は、「誰かに聞く」という姿勢

→わからないことがあったらとにかく周りに聞いて、経験豊かな先輩などからベストな思考や手法を教えてもらう

 


・他者の悪い面でなく、いい面を見つけてその指南を仰ぐ

 


・著者は上司の良いところを逐次嘆賞していた

 


○猪突猛進(ちょとつもうしん)

周囲の人のことや状況を考えずに、一つのことに向かって猛烈な勢いで突き進むこと。「猪突猛進して敵の策にはまる」

『82』人生を好転させたいならこの男の考え方を吸収しろ!著 ブチ抜く力

「📚著 ブチ抜く力」

f:id:forza-milito178:20190305163708j:image

 

・生半可な覚悟や中途半端な行動は、無意味です。とにかくひたすらストイックに、自分が心から「やり切った、もうこれ以上はらやりたくない」と思えるまでやり抜く。これが唯一にして絶対の成功法則だと、私は確信しています。

 


○俗物

世間的な名誉や利益などに心を奪われている、つまらない人物。俗人。「俗物根性」

 


・言い訳無用。とにかく目標に向かって「離陸」する。それ以外はない。

 


・普通の人の何倍もの速さで「PDCAサイクル」(計画→行動→検証→改善)を回す

 


・お金の為に嫌な仕事をする人生ではなく、シンプルに好きな事を追求できる人生にしよう

 


・リーダーシップ論の世界的権威であるロビン・シャーマは、「人間は3週間、何かを続ける事が出来れば、その行為は習慣となり、3週間後には無意識にその行為を続ける事ができる」と語っている

 


・新しい事を始める際は、その物事の本質である「センターピン」を捉えよう

 


・いかに自分が不安でも、精神的・体力的にキツくても、決して周囲に対して弱音を吐かない

→「私には才能がないから」「僕はあの人みたいに地頭が良くないから」などは論外、単なる言い訳や逃げ口にすぎない。今すぐやめよう

 


・身近な人達は、貴方が失敗する事を心配し、できるだけリスクを最小限に抑えようと親身になっているからこその意見なので、有難いものではあるが、多くの場合は、最も無難でローリターンなアドバイスになりがち、なので、注意が必要

 


・大切なのは、全ての意見に対して、貴方がきちんと自分自身のアタマで考え、なにが良いと思える点か、何が悪いと思う点かを自分自身で考え抜いた結果、採用するのかどうかです

 


・会社には、活用して自分の成長に繋げる為」「会社から高給を掴み取ってそれを軍資金にする」という気概が必要

 


・会社への依存度を下げ、「いつ切られても大丈夫」くらいの自信と余裕のある人がリスクを取り、思い切ってやった仕事の方が面白いものになりますし、突き抜けた結果を残す事ができます

 


・将来に危機感を持っていない人は、いずれ必ず苦労する

 


・「一石五鳥の気概」

→会社で働くのは人脈作り、出資者集め、給与獲得、ノウハウ蓄積、恋人探しなど、一つのことをやるなら何個の"利"が取れるのか、と常々意識する貪欲さが大切

→普通の人が1つの利益しか得られないところに、一度に5つの利益が得られるとしたら、人生の成果は5倍に膨れ上がる。そう考えれば人生が飛躍的に成長していく気がしませんか?

→「正統派のままでいく」「常識の範囲内で結果を出す」という考えすら疑え

 

 

 

・与沢氏が今から就職して会社員になるとしたら

①将来的にこの分野のビジネスで独立

②事業ドメインが社会トレンドに合致して上場する可能性

③10倍、あるいは100倍以上に業績がアップする可能性

などといった基準を満たす会社を選定

→将来的に成長する可能性の高い会社で働けば得られるメリットが沢山増える

 


・人と横並びで同じことをやったって結局得られるものはごくわずかです

→一石五鳥の気概を常に持て

 


・常に周囲を「サプライズ」する訓練をせよ

 


・「自分は頭が悪い」「才能がない」と言って悲観する必要はない。この自己不信が自分の思考を停止させ、行動を萎縮させる元凶である

 


・成功だけを続けられる人は誰もいない。失敗しない人などいないのです。失敗から何かを学ぶ。失敗するのは当たり前。それを織り込んで、どんどん積極的に種を蒔き、最高の失敗を続けていく。

 


・10年あれば基本的に人は何者にでもなれます。ですが、惰性に生きていたら人は衰退していくだけです。10年後に自分はどうなっていたいのか。これは本当に真剣に考えた方が良いことです

 


・なんとなく生きるな。未来のために行動しないのは自分の人生を捨てたも同然

 


〇ファンダメンタルズ

経済の基礎的条件といって、国の成長率や企業の売上高や利益などを指します。株の銘柄において「ファンダメンタルズが良い=業績、ビジネスモデル、財政状態など中身が良い会社」ということ

 


・売上高に対し20%以上の純利益が残せる会社であれば、かなり有望で、ビジネスモデルの構造でもあり、その会社固有の経営努力の表れでもあります

 


・独自技術、伝統と歴史、信頼、取引先との結束力、独占的地位、特権的契約の存在、市場占有率、理念や社風、商品の知名度や実績、製造ノウハウ、販売スキームなど実はほとんどの経営資産は財務諸表に乗っていないのです。それを見つけ、正しく評価出来ることが現在株価と本来株価との乖離を見つける手段ともなりますし、他の投資家との差を見つけることにも繋がってくる

 


・与沢氏が投資を行う際の本質的ポイント

①ファンダメンタルズの良いものに風が吹くかどうか

②多くの投資家が気づいていない含み資産を発見し、それを正しく評価すること

 


・投資の本質は大衆の群れが評価する前に先回りする事

 


○共益費

アパートなどの階段・廊下・外灯・ごみ処理などの共用部分の維持管理のために居住者が出す費用。管理費。

 


・継続し、学習し、変化し続ける事で運を上回る成果を出せる

 


・野菜→タンパク質→炭水化物という順序で食事を摂ることが健康にプラス作用を

 


〇不退転

信念を持ち、何事にも屈しないこと。「不退転の決意」

 


・面談、面接で想定されるツッコミに対しての解や論説できるまで考え抜く

 


・自分の職業や仕事の分野などが、社会の抗えない流れ・トレンドに合致しているか、逆行していないかを今一度考えよう

 


・他人と差別化できるクリエイティビティと独創性を磨こう

『81』行動の原点である"思考"から洗練させていこう!著 天才のパターン思考

f:id:forza-milito178:20190216181856j:image「📚著 天才のパターン思考」

・この本を読む大義

①天才と凡才の差異は何か

②自分にはどんな思考法が足りなかったのか

③考える時に優先すべき思考法は何か

 


・「頭のいい」の定義は、知能指数を1つの指標として判別できる。IQは、100を平均値としており、130を超える人は、いわゆる"天才"と呼ばれる

 


・IQテストにおける「正答率の低い問題」とは、共通ルール(共通点)を見つけるのが難しい問題のことです。つまり、テストの結果がいい人(IQが高い人)は、「共通点を見つける能力」に優れている。

ex 言い換えれば「パターン認識能力」のこと。共通する特徴を無意識に読み取る力が養成されれば、情報処理能力が圧倒的にアップします

 


・[問題解決法]

凡人→問題の本質と関係ない情報に翻弄される

天才→問題の本質をすぐに見抜くことができる

☆問題解決の思考法

①目的(ゴール)をはっきりさせること

②最適な手段でそれを達成すること

を辿ることが早く、ブレずに解決へ繋がる

 


・相手が細部にこだわったり、ある程度の知識を持っていたりする場合には、長所だけでなく短所まで含めてプレゼンすることで説得力が増し、かえって信頼してもらえます。心理学では、「両面提示の法則」と呼ばれている

 


・[自分の基準を持って、「2択」で詰める]

凡人→自分の基準がないため判断が遅い

天才→基準を用意しているため判断が早い

☆メリット→余計な情報に流されず、スマートに決断できるようになる

 


・「数値化」して判断する尺度を持つ

他人を説得する時や、アピールしたい時など、「〇〇はすごい」「〇〇が得意」と表現する人は多いが、これは主観的で、具体的とはいえない。

分かりやすいのは、客観的な「数値化」で伝えてあげると相手により、伝わる

ex.「すごく人気のある本」ではなく、「5万部売れた本」の方が説得力が上がる

 


孫社長は、「好き嫌い」などの主観的な評価は排除し、結果が出ることを数字で客観的に示せるものは採用、そうでないものは不採用と決めている

 


・"Done is better than perfect"

→「完璧を目指すより、まず終わらせろ」

 


・[できないこと「ない」と考える]

凡人→「できない」と言って諦める

天才→「できる」ようになる方法を考える

☆メリット→限界を突破し、自分の能力を最大化できる 

 


・[失敗したら、その方法は「二度と使わない」。それを上回る手段で対応する

凡人→挑戦すること自体しないか、同じ失敗を繰り返す

天才→敗因分析し、二度と繰り返さない

 


・成功者(一流の人)だったら、どう振る舞うだろう?何をするだろうか?というマインドセットは大事で、真似することが合理的且つ最短(守破離の法則)

 


・優先順位のつけ方の極意は"時間対効果"が高いもので考慮

 


・「直感は経験や感覚などに基づく複雑なのものなので、実際そんなに外れない」

 


ジェフ・ベゾス

「人生は短いから、つまらない人と付き合う暇なんてない」

→人間関係も「選択と集中

→人間のリソースは有限

 


○奥床しい

1 深みと品位があって、心がひかれる。深い心遣いが感じられて慕わしい。「人柄が―・い」

2 《「奥行かし」で、心がひかれる意から》奥にひそむものに強く心がひかれる。さらによく知りたい。→床(ゆか)しい

 


ジャック・ウェルチ

「自分の運命は自分でコントロールすべきだ。さもないと、誰かにコントロールされてしまう」

 


○海馬

大脳皮質側頭葉の奥深くにある大脳古皮質の一領域。近年,脳生理学における記憶のメカニズムの研究は海馬を中心に進んできており,少なくとも新しい記憶の貯蔵装置としての海馬の役割は疑う余地がなくなった。

 


・今の時代、インターネットで興味のあるワードを検索しさえすれば、あらゆる情報が出てきます。そういう意味では、「知っている」こと自体の価値は薄れ、次のステップである「行動すること」、すなわち機会を活かすことの重要性が相対的に高まっているといえる

 


・質問をすればするほど、自分の知識のストックは増えていきます

 


・物事を評価する基準には、「相対評価」と「絶対評価

→「すごい」という価値観も、人によって全く違います。惑わされないためには、「誰と比べてどこがすごいのか」を評価することが必要です。

相対評価で考える姿勢でいると、周囲に惑わされることがなくなり、間違った選択をすること、必要以上に萎縮することも減る。「本質」「真実」に近づくためには、物事を相対評価で判断する癖をつけるべきです

 


・映画「アイデン&ティティ」の中に、このようなセリフがあります。

「やらなきゃいけないことをやるだけさ。だからうまくいくんだよ」

 


・挑戦し続けて得たものを掛け合わせると、他の誰とも違う、オンリーワンの「自分」にたどり着きます